継続利用を促進するクラウド

KINCHAKUは、サービス事業の効率化と収益向上に必要なツールが全て揃ったプラットフォームです。

特徴

「お店のファンを増やす」ことができる、Apple Wallet や Google Pay に追加可能なクーポン、ポイントカード、スタンプカード、会員証、入場券やイベントチケットを発行することができます。

詳細

主な機能

ロイヤルティ管理

Apple WalletやGoogle Pay Walletに追加できる会員証、クーポン、スタンプカード、ポイントカードの発行。継続利用の可視化。

収益管理

複雑な経常収益や非経常収益の認識、 売掛金回収、POSデータや売上管理業務を効率化する機能。

費用管理

専門的な知識が無くても直感的な操作で、 事業の原価や営業費をスマートに管理・分析できる機能。

取引先管理

顧客や取引先の情報を直感的に管理できる取引先データベース。 外部サービスから連絡先データの読み込み、一元管理が可能。

プロダクト管理

一回売り切りの商品、サービスの利用プランや定期収益のもとになる課金プランの管理機能。

埋め込みウィジェット

ウェブサイトに埋め込みできる、継続課金サービスの販売ツール。ウェブサイト上で会員証・スタンプカード・クーポン等を配布できるウィジェット。

モバイルアプリ

様々なウォレットパスをスキャンしたり、利用状況確認するためのスマートフォンアプリ。

インテグレーション

Freee、Mailchimp、Hubspot、Google、Microsoftような外部サービスとシームレスに連動できるインテグレーション機能。

決済

Stripe Connectによるクレジットカード決済機能。初期費用不要で、申し込みから最短2営業日で利用することが可能。

最新ブログ

【第一弾】集客を制する秘訣。SEO対策は何故必要なのか?

【第一弾】集客を制する秘訣。SEO対策は何故必要なのか?

せっかく作った店舗のWebサイト、放置しがちになってしまっていませんか?今回は、Webサイトを運営するために、最低限知っておきたい「SEO」という概念について触れていきます。
今さら聞けない!Apple Pay(アップルペイ)と Google Pay (グーグルペイ) について解説

今さら聞けない!Apple Pay(アップルペイ)と Google Pay (グーグルペイ) について解説

スマホをかざすだけで決済可能な、「Apple Pay」や「Google Pay」は非常に便利な決済方法として、若者を中心にさらに注目を集めています。しかし、両者の違いは曖昧になりがちです。そこで今回の記事では、「Apple Pay」と「Google Pay」の主な特徴と、両者にどのような違いがあるのかをご説明していきます。

お知らせ

選ぶ理由

KINCHAKU を用いれば、面倒なコーディングをしなくてもサブスク事業の管理と運営の自動化、継続利用が促進できる!

無料アカウント登録