【第一弾】集客を制する秘訣。SEO対策は何故必要なのか?

最近では Web 媒体での集客が盛んになり、お店の経営者は Web サイトを立ち上げ、『お客さん側から店舗を知ってもらう』という方法が主流になっています。居酒屋や美容院の名前を検索した場合も、必ずと言っても良い程サイトに行きつきます。自社サイトを作成し、運営するメリットは、お店のブランディングとしても適しており、新規顧客への認知度向上にも繋がります。しかし、サイト運営のやり方がよく分かっておらず、せっかく作ったサイトも放置しがちになってしまっていませんか?今回は、Web サイトを運営し、より多くの人の目に触れ、集客を促進するために最低限知っておきたい「SEO」という概念についてご説明させていただきます。

関連記事:アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの違いとは?

SEO とは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語訳すると「検索エンジン最適化」のことです。例えば、お客様がお店の名前を検索したとき、自分のお店の名前が Google の検索結果の上位に表示された方が、お客様はあなたのお店を見つけやすくなります。このように、自分が運営している Web サイトのページを、上位に表示させる施策のことを SEO と言います。

SEO 対策は何故意識した方が良いのか?

SEO の基本的な概念はお伝えしましたが、では実際に SEO 対策をすることでどのようなメリットが生まれるのでしょうか。

検索結果で上位表示されれば、継続して集客可能

読者の皆さんの中にも、サーチエンジンで何かを検索した際に、『どこの誰が提供する』といった疑問を抱かずに、検索結果で上位表示のサイト何件かにアクセスし、それらから知りたい情報を取得するといった経験はありませんか?つまり、Web サイトのページが上位に表示されるほど、多くのユーザーがあなたのサイトに訪れるようになります。また、一度、上位 3 位以内を取ってしまえば、多少の順位の変動はありますが、なかなか順位が下がることもありません。つまり、検索結果で上位サイトに表示されるということは、安定して多くのユーザーの目に止まるということです。そして、サイトを訪れた人に「このお店に行ってみたい」と思ってもらえれば、予約をしてくれたり、足を運んでくれたりと実際に何かしらのアクションを起こしてもらえることにも繋がります。


SEO を意識した文章の書き方

SEO の重要性は、上記にまとめた通りですが、どうすれば Google に評価されるサイトになるのかでしょうか。以下で、詳しく見ていきましょう。

Google が評価するコンテンツとは?

Google が何を基準として、Web サイトのページを評価しているのかは明確には公開されていません。しかし、「Google が掲げる 10 の事実」を見ると、ある程度の仮説を立てることは可能です。この「Google が掲げる 10 の事実」から、推測される基準を以下にまとめます。


・ユーザー(読んでくれる人やお客様)にとってのメリットを徹底的に考える

「Google が掲げる 10 の事実」の 1 つ目にある通り、Google は「ユーザーの利便性に最も重きを置いている」と考えてください。つまり、自分のお店の利益目的のサイトと見なされれば、評価が落とされる可能性は極めて高いです。

また、ユーザーの利便性を考えた上で、Google は頻繁にサイトのランク付けの基準を変えています。しかし、Google の理念から外れることは無いと考えられるため、SEO 対策を行う場合は、定期的にためになる情報を配信するなど、ユーザーやお客様にとってのメリットを追求すると良いでしょう。そうすれば、たとえ大規模な評価基準の変動が起きても、悪い影響を受ける可能性は低くなります。


・専門性に磨きをかけ、読者の「悩み」や「疑問」を解決する

「Google が掲げる 10 の事実」の 2 つ目から、専門性が高く、さらに読者の抱いている課題を解決できる Web サイトが評価されやすいと推測できます。例えば、美容院を経営しているならば、美容について専門的な知識は持っているでしょう。その知識を使い、お客様が抱きがちな悩みや疑問を、誰にでも分かるように工夫された記事を書けば、評価が高くなりやすいでしょう。実際にお客様から質問や悩みの相談を受けたならば、それについて分かりやすく書かれた記事は、確実に読みたい読者が存在します。そのような、読者の悩みに寄り添うサイトが、評価されると言えるのではないでしょうか。


・ユーザーの心理は「手間をかけたくない」

断言してしまいますが、私たちは皆かなりの面倒臭がりです。使い勝手の悪いサイトや、難しいことばかり書かれたサイトは、無意識にいらない情報と見なしてしまいます。そのため、サイトに移るスピードが遅いサイトや、理解するのに時間がかかる文章予約したいのにどこに問い合わせればいいのか分かりにくいサイトなどは、良い評価がされにくいと言えます。逆に、ユーザーが手間をかけなくて済むようなサイト運営を心掛けると、検索上位に入りやすく、ユーザーにとっても使いやすいので、予約やお問い合わせなどの行動に移る可能性も高まります。


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、Web サイトを使った集客で、最低でも押さえておきたい「SEO」という概念を紹介しました。Goolge から、評価対象になりやすいサイトは、「徹底的にユーザーの利便性を考え抜かれたサイト」でしたね。第二弾も近日更新予定なので、チェックしていただけると幸いです!

この記事が、サイト運営する上で何か参考になれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。記事についての感想やコメントを、随時お待ちしています!あなたの声を聞かせてください。今後も定期的に様々なコンテンツを配信していきます。更新情報をアップしておりますので、ぜひ KINCHAKU Facebook ページのフォロー、イイね!も宜しくお願いいたします!


関連記事

  • 潜在顧客と見込み顧客
    潜在顧客と見込み顧客
    企業が提供するサービスをどういった層の人たちが求めているのか、そういった顧客ターゲットを明確化していくには、まず様々な、異なる”種類”の顧客について理解を広げていく必要があります。そこで今回は、潜在顧客と見込み顧客の違いについてご説明させていただきます。
» «