SaaS、PaaS、IaaS、ASPとは?クラウドサービス重要語を解説

クラウドコンピューティング(PCなどにダウンロードやインストールした上で利用していたデータやソフトを、インターネットを経由し利用すること)に関する言葉に、SaaS、PaaS、IaaSといった言葉があります。

いずれも普及している言葉で、どこかで一度は聞いたことがあるものの、似通った言葉のため違いについて、はっきりと理解できている方は多くはないのではないでしょうか。ここでは、混同しやすいSaaS、PaaS、IaaS、ASPについて事例を紹介しつつ、解説していきます。

クラウドコンピューティング

画像出典元:ウィキペディア「クラウドコンピューティング」より

SaaSとは

SaaSとは「Software as a Service」の略で、「サース」と読み、クラウド上で提供されるソフトウェアのことを指します。

ユーザーがソフトウェアをインストールするのではなく、提供者側が稼働しているソフトウェアを、インターネットなどのネットワークを経由して利用し、サービス料を支払うのが一般的です。

SaaS導入のメリットとしては、導入までに時間を多く要せず、使用した期間や量に応じた料金を支払えばよく、費用が低く抑えられることが挙げられます。

一方、デメリットとしては自社で構築するものではないため、カスタマイズできる幅が狭いということにあります。

PaaSとは

PaaSは、「Platform as a Service」の略で、「パース」と読みます。これは、プラットフォーム(ソフトウェアが動作するための環境)をインターネットなどを経由して、サービスとして提供することをいいます。簡単に言うと、「開発環境を提供する」サービスといえます。

エンドユーザーにとっては馴染みが薄く想像がしづらいですが、PaaSのメリットとしては、煩雑で面倒な開発環境を自身(あるいは自社)で用意する必要がなく、システム開発に集中できるということが挙げられます。

一方で、利用できる開発言語やデータベースは提供しているものに限られれるというのが、デメリットとして考えられます。

代表的なサービスとしては、Google App EngineMicrosoft Azureが挙げられます。

IaaSとは

IaaSとは、「Infrastructure as a Service」の略で、「イァース」と読みます。IaaSはこれまで紹介したSaaSやPaaSと異なり、サーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアやインフラまでをインターネット上で提供するサービスのことを指します。

IaaSを導入するメリットとしては、自社でサーバーやソフトウェアを購入し、運用・保守する必要がなく、必要な時にサーバーを作成できるということがいえます。また、PaaSと異なり最低限の環境提供となるため、アプリやプラットフォームを自由に開発できるという利点がります。

デメリットとはいえないかもしれませんが、開発には専門的な知識とスキルが必要なる点が挙げられます。

Google Compute EngineAmazon Elastic Compute Cloudが代表的なサービスとして挙げられます。

海外のブログ記事に面白く、且つ分かり易い説明がありましたので、引用させていただきます。各サービスをピザで想定し説明されており、エンドユーザーにとっても想像しやすいのではないでしょうか。

各サービスをピザで想定し説明されている

SaaSとASPの違いは?

ASPとは?

ASPとは、「Application Service Provider」の略で、アプリケーションサービス提供事業者と訳されます。訳の通り、アプリケーションサービス(機能)をインターネットを経由して提供する事業者のことをいいます。

SaaSとASPの違い

さて、ここまでお付き合いいただいた読者の方はお気づきかと思いますが、ASPとSaaSがそれぞれ指している意味は非常に似ています。

ASPは事業者あるいはサービスの方を指しているのに対し、SaaSはソフトウェアそのものを指しています。また、ASPがユーザーごとに環境を割り当て、コストが割高なのに対し、SaaSは複数のユーザーで環境をシェアし、コストが割安なのが大きな違いといえます。

日本では、両者を敢えて区別せずに呼称している場合や、単にSaaSをASPの改良版と定義している場合もあるようです。(厳密にいえば、様々な部分で違いがあるのですが、導入者向けを想定しているため、ここでは割愛させていただきます。)


SETE MARESの提供するサービス『KINCHAKU』はSaaS型のサービスを提供しています。事業者の方はPCやタブレット端末があれば、登録したその瞬間からサービスを利用することが可能です。特別な端末を用意したり、社内にサーバーを設置したりする必要がないため、コストを抑えた経営の質向上に貢献することができます。詳しくはこちらからご覧ください。


関連記事

  • D2Cサブスクビジネスで大儲け!?
    D2Cサブスクビジネスで大儲け!?
    『髭剃り業界の革命』ともいわれたマイケル・デュビン(Michael Dubin)という男の名前を聞いたことがありますか?彼は、米国ダラー・シェイブ・クラブの共同創業者で、サブスクリプションモデルビジネスで大成功を収めた起業家の一人です。2011年に創業されたダラー社は、主に男性用カミソリの刃の部分を会員制で定期購入できるといったサービスを提供することで、髭剃り業界に旋風を巻き起こしました。
  • 必見!動画配信サービス大手3社比較!実際に使って比べてみた!
    必見!動画配信サービス大手3社比較!実際に使って比べてみた!
    レンタルして映画やドラマを見ていらっしゃる方は、まだまだ多くいらっしゃると思います。まだ動画配信サービスを使ったことがない方や、使ってはいるが他社のサービスも気になるという方に必見!動画配信サービス大手3社を実際に使ってみて、比較していきたいと思います。
» «