店舗がすぐに実践できる3つの対策。

新型コロナウイルスに打ち勝つために。

店舗がすぐに実践できる3つの対策

日本でも深刻化が進む新型コロナウイルス。この影響から、大きな不安を抱えている店舗オーナーの方も多くいらっしゃると思います。日々状況が変化していく中でも、店舗が出来る限りの対策を検討し、迅速に取り組んでいくことがとても重要になってきます。同じ様に悩み、立ち上がり、戦っている方は大勢います。1人で立ち向かおうとせず、他店舗間や地域で情報を共有し、共感してもらうことも大切です。

今回は HOPE キャンペーン の特別記事として、店舗がすべき3つの対策をご紹介させていただきます。

① 最善の感染症予防・拡大防止対策を行う。

まずはご自身や従業員、そしてお客さまに安全な環境を提供していただくことが最優先になります。従業員にもお客さまにも協力していただき、感染拡大のリスクを最小限まで軽減する環境作りを積極的に行っていくことが重要です。

・従業員の体調管理を徹底する

発熱、咳等の風邪症状が見られる従業員にはしっかりとお休みしてもらい、 出勤時にも各自体温を測定し記録していける環境を整えましょう。

・手洗い・うがいをこまめに行う

出勤時やトイレ使用後、接客や調理前等の流水と石鹸による手洗いを徹底しましょう。 手洗いだけでなく、うがいも忘れずに行うことで感染予防につながります。

・店内の換気と間隔作り

こまめに店内の空気の入れ替えを行い、できる限り客席と客席の間隔を離しましょう。換気がきちんとできるように 二方向での換気がより効果的と言われています。

・マスクの着用とアルコール消毒

店内の入り口やレジカウンターなどにアルコール消毒を設置し、来店されるお客さま、 そして従業員にもアルコールでの消毒を徹底していただきましょう。 特に対面での接客が伴う場合は、マスクの着用の義務付けを実施していただきたいです。

アルコール消毒

また、SNS を活用して自店舗が取り組んでいる対策を積極的に配信することで、お客さまにも安心感を与えることができます。感染症の影響に屈せず前向きに立ち向かう姿勢を伝え、応援してくれているお客さまに希望を与えましょう。そして SNS をうまく活用することで、他店舗同士の情報共有の場としても使えます。

関連記事:店舗オーナーさん必見!なぜソーシャルメディアを活用するべきなのか。

② デリバリー やテイクアウト(お持ち帰り)を始めてみる。

国や自治体からの自粛呼びかけを受け、飲食店で集まって食事をすることが憚られたり、出社することなく働けるテレワークを推進する企業も多くなりました。3密である「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集する場所」「近距離での密接した会話」といった課題を解決するには、デリバリーやテイクアウトを強化することが望まれます。デリバリーやテイクアウトサービスを積極的に導入することで、いつも提供している味を求めてくれるお客様にも感染の不安を感じることなく楽しんでいただけます。

テイクアウト

しかし、既にテイクアウト(お持ち帰り)を行う店舗も数多くあり、他店舗との差別化を図ることが非常に難しくなって来ているという一面もあります。お客さまに何度も何度も利用してもらうには、特別感やお得感を演出してあげることが大切です。

限定のスタンプカードやポイントカードを発行し、お持ち帰りを促進したり、また一元のお客さまにはクーポンなどを活用することで、お店を知ってもらい選んでもらえるキッカケ作りができます。

コーヒー店など、デリバリーやテイクアウトサービスを導入するのがなかなか難しい店舗さんも多くあると思います。この機会に新しい商品やサービスのアイディアを練ってみるのも良いでしょう。

月額制で好きなだけ珈琲が飲めるチケットや回数券、空いてるスペースをテレワーク様に開放したり、テイクアウト用の商品を生み出してみるのもお客さまに喜んでいただけると思います。

※ KINCHAKU は HOPE キャンペーンと題し、新型コロナウイルスと戦う個人経営店舗さまへ向け 4 月末までのウォレットパス型スタンプカード・クーポン発行手数料を無償で提供しております。

〈 HOPE 専用アカウント登録ページ 〉https://app.kinchaku.com/hope-campaign

〈 サポートデスク 〉:support@kinchaku.com

③ 収束した時にまた足を運んでもらう仕組み作り。

オーナーの皆さまと同じく、お客さま自身も新型コロナウイルス感染症の影響を受け、我慢の時期を過ごしています。世界的な回復と街に活気が戻る日を心待ちにし、また店舗を訪れたいと待ち望むお客さまと繋がっていますか?

Instagram や Facebook、メルマガやウェブサイトなど店舗が取り組んでいるツールを最大限に活用し、お客さまヘの情報配信を続けてください。店舗が取り組んでいる対策やキャンペーン、収束後にお客さまが体験できる何か楽しい企画、新メニューや従業員の紹介など、明るくなれるコンテンツを継続的に配信することで、『思い出してもらうキッカケ』を創ることができます。

Google Map に表示される店舗情報に営業時間や店舗の写真などを追加するだけでも、広告媒体を使うことなく効果的にお店を知ってもらえるキッカケを提供できます。

また、常連のお客さまの中には「このお店を応援したい!」と思っている方々もいらっしゃいます。事前に食券が購入できる新しいサービスなども登場しているので、こちらは別記事にてお伝えしたいと思っています。こんな時だからこそお客様の力をかりて共に乗り越えていくことで、より良い関係の構築・維持が実現できると思います。

hopecampaign

▼ 個人経営店舗応援 HOPE キャンペーン概要

■ 期 間:2020 年4月2日(木)~ 同年4月30日(木)

■ 対 象:期間中にキャンペーン専用ページより、クラウドサービス「KINCHAKU」に新規登録いただいた、新型コロナウイルスの影響を受ける個人事業主さまが対象です。

■ 特 典:ウォレットパス発行手数料が期間中無料

〈 備 考 欄 〉
・本キャンペーンでの無償提供は、ウォレットパス型スタンプカード・クーポンが対象となります。
・中小規模の店舗さまを対象としておりますので、ご了承ください。
・キャンペーンの期間・内容は状況に応じ変更する場合がございます。

■ 問い合わせ:株式会社 SETE MARES
     担当:原田(support@kinchaku.com

今回は HOPE キャンペーン特別記事ということで、「店舗が今すべき3つの対策」についてお伝えしました。これからどの様に状況が変化していくのか、いつ収束するのかなど、先の読めない状況にストレスや不安を感じている多くの経営者の方の力になれればと思っております。引き続き、チーム一丸となり対策の検討や情報発信を続けていきます。力を合わせ諦めずに前向きに立ち向かえば、必ず乗り越えていけると信じています。最大限の感染予防に努めながら、いま出来ることから一緒にはじめてみませんか?


関連記事

» «